ココロド_黄月家K's weblog

考えすぎ? ココロド_心理カウンセラー_黄月家Kの 思考いろいろ、ものづくり、カウンセリング心理学、時々庭、時々日記です。

バッタ と ヴィランズ

最近よく見かけるのです。

f:id:kizuki-ya-K:20140510211412j:plain

バッタ。
なかなか写真に収められなかかったんですが、
ようやく撮れました。
他のバッタも最近みます。庭に何匹かいるようです。

私、よく言えば、まじめ、正直者、コツコツ努力の人。
別の視点では、
すっかり遊びのない人間になってしまいました。
アルコールもカフェインも飲みません。
諸々、時間的に余裕もなく、娯楽もなかなか楽しめません。

息抜きは、睡眠時間を削って、録画したテレビを観るか、
無心で庭いじりか。

生きるために、そう変化したんでしょうけど、
最近、ちょっと考えます。
転換期なんでしょうね。

考えるといえば・・・
人は言葉を使って思考する生き物、
書くこと、これ、思考することの入門のようなものだと思うのです。
やはり、考えることに、時間軸は、必要なのだ。

あと、ヴィランズについても少し考えました。
正義・正義と主張しあえば、結局戦争になってしまう。
面白味もない戦いです。
悪を指示するつもりは、毛頭ないですが、
ある場面では、悪役になる(演じる)ことを、許容することも、
必要なのかな?とふと最近感じます。
ことを収めるために。誰か嫌な役をやらなきゃならない時もある。
(悪役なんて、できたらやりたくないですけど・・)

たとえば、先日最終回だったTV
『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』|TBSもその一つですかね。
人間は、今、自分に必要な物を、面白いと感じたりします。

ヴィランズって、
エンタメだと、奥行きや、遊びを出してくれる存在かな?と。
正義同士の戦いより、悪役と割り切ってしまった方が、
余裕と人情味がでるのかな・・と、思ったりしたこの頃です。

自分の心に、もう少し、余裕を持ちたいです。
けど、どうやったらいいのかまるきりわからなかった。
そう、ヴィランズの要素が、ヒントのような気がしました。

さ、
今日から7月です。いよいよ・・暑苦しい夏ですねぇ・・
自分の肝を試す、よい季節です(笑)。

みなさん、楽しい7/1の月曜日を!!