読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロド_黄月家K's weblog

考えすぎ? ココロド_心理カウンセラー_黄月家Kの 思考いろいろ、ものづくり、カウンセリング心理学、時々庭、時々日記です。

レモンキノコと、「恨めしやぁ~」

台風も通り過ぎました。東京多摩地方は台風から遠かったですが、凄い風でした。
大変な想いをされた方も多かったと思います。

さて、台風明けだと思いますが、8/10の夕方、
庭のプランターに、レモン色のキノコが・・・↓。

f:id:kizuki-ya-K:20140813195148j:plain

翌日8/11の午前には成長してまして↓

f:id:kizuki-ya-K:20140813195205j:plain

同日8/11の夕方には、鮮やかなレモン色があせてきまして、
傘が広がり始めました↓。その後はあっという間に、朽ちて折れてしまいました。

f:id:kizuki-ya-K:20140813195214j:plain
あまりの鮮やかなレモン色、見事でした。
レモンキノコと勝手に呼んでいましたが、webで調べますと、どうやら
コガネキヌカラカサタケという熱帯原産のキノコらしいです。

本当に、庭はいろんな発見があって、未知との遭遇があって・・
冒険気分も楽しめます。私にとってのワンダーランドです!!。
(本当は、狭いですが・・・)

今、綺麗なお花、小輪ペチュニアと紫の花↓

f:id:kizuki-ya-K:20140813195229j:plain
紫の花、名前をど忘れしましたが、この家に引っ越してきた時に、
庭に植栽されていた花で、毎年咲いてくれます。
春から11月位までずっと花咲いているお花で、暑さに強く、とてもキレイです。
グランドカバーになります。名前思い出したら、またお知らせします。

今、旬な、フルーツほおずき↓。

f:id:kizuki-ya-K:20140813195250j:plain

8/10台風の後の空↓。夕方外一帯がオレンジに染まりまして、
何事かと空を見にいきましたら、こんな空でした。
オレンジの光だけが雲に反射しています。

f:id:kizuki-ya-K:20140813195301j:plain

↓これは、翌日8/11の夕方の夕焼け。
夜になりかけの深い青と、夕焼けの茜が対比色で、
印象的な空でした。
美しい空は、一日頑張ったご褒美なので、ぜひ綺麗さを見たいと思っています。

f:id:kizuki-ya-K:20140813195320j:plain

8/11は、スーパームーン↓。
1年のうちで地球に一番近い満月の日だそうです。なので、月の力が偉大な日らしいです。カメラで撮ってみました。オート設定だと、ボォーと光が膨張してしまいましたが、マニュアル設定で撮影したら、こんなふうに撮れました。
満月さん、ありがとう!!。

f:id:kizuki-ya-K:20140813195327j:plain

---

お盆ですが、怖い話しなどの季節でもあります。
幽霊は、「恨めしやぁ~」というのが定番ですが、
人の感情の中で、「うらやむ」心が一番厄介な感情なのかもしれません。
「隣の芝生は青く見える」。人と比べてしまう。
これ、人間の性で、多くの人間が、これ故に苦しい、狂おしい想いをする原因と
言われておりますが、人生の苦を知れば、
隣の芝はタダで青いわけではなく、その影には基礎作りの努力や育成の苦があることが分かる訳で、また、多くを持っている様に見える人ほど、
多くの時間を無くし、多くの犠牲を払って、孤独に耐えていることが分かる訳で、
「うらやましい」なんて、上辺だけみての戯言のようなものなのかもしれません。

しかし、そう思ってしまうのが人間の性なので、
そう思わないためには、知識や経験を蓄積して
自分の器とそれにあった内容を知っていくしかないわけですが・・。
また、楽になるためには、「人と比べることを辞めれば楽になります」なんて
生き方案内もよく聞きます。

そんな苦の元凶である感情に囚われて、自分の行動をうらやみ感情に支配されてしまうことが、怖い世界の根源なのかもしれません。と、
幽霊の決めゼリフを思い出して、思ったわけです。
つまり、嫉妬や比較に狂うと、成仏が難しいということになるのだと感じた訳です。

とはいえ、幽霊さんもいろいろ訳が有り、
無念の感情が残るのもやむを得ない場合もあるのも事実かもしれませんが、
「うらめしい」という心は、生死にかかわらず、
安らぎのない、苦への道を示していると感じるこの頃です。

私も「うらやましい」と思うことは多々ありますが、
それでも、今の自分にはこれが精一杯なので、
今の自分を認めてあげることも大事だと思っております。

---

まだまだ暑い日が続きますが、どうぞ、良きお盆休みを!。