ココロド_黄月家K's weblog

考えすぎ? ココロド_心理カウンセラー_黄月家Kの 思考いろいろ、ものづくり、カウンセリング心理学、時々庭、時々日記です。

戸隠神社の 龍

9月の下旬に、戸隠に行って来ました。念願でした。

日本有数のパワースポットでもおなじみですが、
「岩戸伝説」も有名です。

昔、天照大神が、天の岩屋へこもってしまい、世の中は真っ暗闇になり、いろいろの悪い神々が出て、恐ろしいことや、悲しいことが次々におこった。その岩屋の岩戸を天手力雄命が開けて、天照大神を岩屋から出し、世の中は再び明るくなり、悪い神々は去った。その時投げた、岩戸は宙を飛んで日本の真ん中あたりに落ちた。それが「戸隠山」という伝説です。

戸隠高原からみた、戸隠山

f:id:kizuki-ya-K:20151004021140j:plain

山の稜線が、まるで、龍の背中のギザギザのようです。

一番最初に行きたかったのは、
戸隠神社の一つ、九頭龍社。奥社と同じ場所にあります。

鳥居をぬけて、随神門ぬけて、400年歴の大木の杉並木を上り、
石段を上って、戸隠山の斜面にあります。

f:id:kizuki-ya-K:20151004021900j:plain

九頭龍社殿。拝殿の正面は、フクロウ。その背後に、ご神体、神山の戸隠山
戸隠山が、龍そのものなのだろうと、私には思えました。

f:id:kizuki-ya-K:20151004021915j:plain

よく見ると、龍がいらっしゃいました。

f:id:kizuki-ya-K:20151004021927j:plain
こんな感じでした。見下ろす龍。

f:id:kizuki-ya-K:20151004021957j:plain

天を望む龍。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022009j:plain
見上げる龍。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022020j:plain

戸隠山は、一体が美しい。本当にパワースポットでした。
参道の杉並木。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022053j:plain

参道からのぞむ、森。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022106j:plain

f:id:kizuki-ya-K:20151004022127j:plain

脇の散策道。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022138j:plain

木々

f:id:kizuki-ya-K:20151004022154j:plain

400年の杉

f:id:kizuki-ya-K:20151004022205j:plain

修験?

f:id:kizuki-ya-K:20151004022216j:plain

なぜ、九頭龍様に、詣でることが念願だったかと申しますと、
私の実家のすぐ目の前に、九頭龍様のとっても大きな石碑があって、
それを毎日みて育った訳なんですが、
それの本元のご神体が、戸隠の九頭龍様だったと・・最近知ったのでした。

私の実家は、山梨の甲斐駒ヶ岳の麓の山村で、
伊勢湾大風の時に、川が大反乱して、村を流してしまったらしく、
その暴れる川の水を治めるために、
九頭龍様のお力をお借りしたという所以らしいです。

九頭龍社、山の中だけあって、以外とシンプルな印象でしたが、
その分、戸隠山、自体が、凄いという印象です。

次の日に、戸隠神社の宝光社(ほうこうしゃ)に行きましたら・・・
なんと・・みごとな・・・・
戸隠神社、5社のうち、一番古い社だそうです。
長野から、戸隠高原に向かうと、一番最初にある社になります。

これは、宝光社の手水舎の龍。片角が印象的です。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022237j:plain

宝光社の拝殿正面。見事な飾り。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022248j:plain

張りの、上に、居ました。見事な龍。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022258j:plain

荒々しく、雲の筋を細くなびかせて、荒々しい口元。
だけど、眼の離れたところが少し、優しそうでもあり、
あれ、左側に子龍? 親子の龍?
すごいなぁ。親子の龍?!。凄いなぁ。
これは、阿吽に匹敵する、宇宙観。凄いなぁ。
龍、死と再生を意味する、龍、そのものの、世界観。凄いなぁ。

風情もありますね。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022313j:plain

張りの後ろにも龍が、支えてます。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022321j:plain

上の、張りの裏側の日本の張り、ほら、龍なんです。
これ、力強くて険しい感じ、雄的な表情に見えます。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022334j:plain

拝殿上の正面にも、龍の眼。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022348j:plain

こんなところにも、龍。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022411j:plain

他の彫り物も、見事ですよ。象も、牙もすごいし。ししも、鳳凰も、
クジャクも、馬の身体をした何だろう?あれ。
とにかく凄い迫力。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022423j:plain

f:id:kizuki-ya-K:20151004022449j:plain

御神輿にも、龍。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022506j:plain

雲模様も、みごと。こんな彫り、観たことないです。
雲の中の位置することを意味しているのかも。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022519j:plain
この細かな雲のすかし彫り、見事すぎる。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022535j:plain

こんな張り、組み、すごいでしょ。本当に。

f:id:kizuki-ya-K:20151004022544j:plain

凄いですね。本当に。

宝光社が、一番最初に立てられたという、
女人も詣でることができる入り口の場所。
そこに、象徴された何かがありますね、ここには。
美しく、力強く。でも、天空的で、宇宙的な世界観が、
このお社には凝縮している、そんな感じを受けました。

美しいです。見事です。

www.togakushi-jinja.jp

 

戸隠に居たときも、故郷に抱かれているような、
包まれているような、懐かしく、優しい感じがありましたが、
帰って来てから、私の中の何かが、変わって来た気がしています。

 

ちなみに、
滞在は、タンネさんにお世話になりました。

山の庭タンネ Le Jardin Alpin TANNE

ご飯は抜群に美味しくて、特に、戸隠野菜を使ったお料理や
山菜使いの見事さ、戸隠のパワーフードを美味しく頂きました。
居心地、とっても良かったです。感謝です。

---

もう10月ですね。
少しずつ、夜が肌寒くなって来ましたね。
どうぞ、ステキな秋の日をお過ごしください。

広告を非表示にする