読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄月家K's weblog

考えすぎ? 黄月家Kの 思考いろいろ、ものづくり、カウンセリング心理学、時々庭、時々日記です。

「生きる」。 トンボ玉体験も。

ものづくり 心理の色々 心理カウンセリング 日記 随筆

こんにちは!。
みなさん、それぞれの5月なのでは、と、想像します。

私は、少しワガママをいいまして、
諸々後回しにして、家族の協力を得て、
GWの前半に、一夜、自分だけの時間を持てました。

一晩だけの、自由なので、何をしようと考えましたが、
その辺は、後半で。

そして、伊豆でトンボ玉体験にチャレンジ。

下は、子どもの作品↓。

f:id:kizuki-ya-K:20160511120752j:plain

これは、緑が子どもの作品、黄色紫が、私の作品

f:id:kizuki-ya-K:20160511120803j:plain

子どもが、2回目に作った長方形のトンボ玉、
ブレスレッドにして頂きました。
どの角度からみても、なんとも、ステキな色合いです。

f:id:kizuki-ya-K:20160511120817j:plain

私が欲しいです(笑)。

こちらのお店

 

www.glasmalerei.jp

 

----

 


今日のお題は、「生きる」


体や状況は、生きているのですが、
いまひとつ、「生きてる」実感が持てないとか、
または、「死にたい」とどこかで思ってしまったり、
そういう感覚になることが、私はあります。

いろいろな、モヤモヤとか、空虚感を抱えている状態なのだと思います。

私の場合、ずいぶん、そんな状態が続いていた気がします。

 

これまで、心理学を学んだり、いろいろな体験の中で、
様々な気づきがありました。
自分のモヤモヤや、よく解らない感覚を言語化していく上で、
出てきた言葉が、
「自分は既に、死んでいると思っている」感覚があるとか、、
「自分は、透明人間になりたい」だとか、
「何も感じない、私は心をなくしているのでは?」だとか、
そういう言葉が、出てきていたわけですが、

そういう自分の感覚と向きあう事ができて、
洞察を深めて来まして

たぶん、これ、「生きている」という実感を得ていないという状態なのだと
捉えることができててきました。

実際には、「生きている」んですけど、
毎日、様々なことをこなし、
いろんなことを考えて、前向きに進めているつもりなのに、
空虚感がぬぐえない。

だから、「もっと、頑張らねば、もっと」と思ってしまうけど、
現実的には、「もっと」を実現する余裕も、体力も、環境条件もない。
満たない、満たせない、自分を嫌悪する
という、いわゆる負のスパイラルに陥ります。

本当に欲しいものは、「生きている」実感があればいいです。
では、その実感とか何でしょうか?

それは、おそらく、「今を生きること」なのではないでしょうか?

大抵は、過去に囚われている。
あるいは、未来を考えすぎて、不安になる。

その2つが今を生きていない原因のような気がします。

なので、
「今を生きる」ということは、過去や未来に囚われないということ、
「今を大事に感じる」という理屈になります。

どういうことかと言うと、
結局、自己受容ということになります。
自己受容とは、ありのままの自分を受け入れる。
好きな自分はもとより、嫌いな自分も自分の側面であることを踏まえる。
そんな、痛い自分の、痛みを感じることかもしれません。
あるいは、好きな部分の自分を素直に喜ぶことなのかもしれません。

そんな、凸凹な自分を認めて、凸凹な自分に即したものを選ふ、

ということだと、気づいた訳です。


私が、しばらくなくしていたものは、「自分」でした。
私の落とし物は、「自分」でした。
私が探していたものは「自分」でした。
本当の自分、今の自分。
「過去の自分」でなく、「理想の自分」でもなく、
今の、等身大の、若い頃よりも格好悪いけど、妙な深みのある、
けっこう痛い「今の自分」でした。


そして、その自分を取り戻すために、
また、自分を確かめるため、自分を感じるために、
自分の思っていることを、言える、表現出来ることをしようと思いました。

過去の日記を元に、自分を振り返ると、
自分をなくしたころ、
言っても伝わらない感をとても感じていて、
自分は変わっている、自分は受け入れられない存在感を持ってしまい、
本当の自分の気持ちを、出さなくなった気がします。
それが、「透明人間になりたい」という感覚になったのかもしれません。

振り返りの、元になったのは、
私が2001年~自分webで公開していた「光と闇のダイアリー」という日記でした。
2009年頃から、公開を辞めていました。

GWの前半の一夜に、この日記の続きを書こうと、
止まったままの、時間を進めようと、
見えなくなっていたものを、編集しようと、した訳です。

まだ、2012年までしか、追記出来てませんが、
こんな自分もあったと、自己受容するに至り、復刻してみました。

そして、主旨を新たに、「黄月家K's 気づきlog」を公開することにしました。
昨年からの「自分」の言葉を随時追記して行きます。

黄月家K's気づきlog

黄月家K's Old Day_光と闇のダイアリー

--

みなさん、

どうぞ、ステキな一日の実感を、楽しんでください。